Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ふじの行政書士事務所

東京都大田区にある在留許可、民泊・旅館業許可、宅建業・建設業許可、内容証明郵便、契約書、CAD図面作成の「ふじの行政書士事務所(東京都行政書士会大田支部所属 藤野慶和」の総合ホームページ

ブログ 旅館業法許可 民泊

農家民宿とは

投稿日:

農家民宿とは

農業者が経営する民宿で、農山村での生活・農業体験ができる民宿は農家民宿(最近は農家民泊でしょうか?)といわれています。
グリーン・ツーリズム(都市農村交流)への関心が高まる中、農家民宿は今、魅力的な宿として注目されています。

「農家民宿」と「農林漁業体験民宿業」

農家民宿」としては、法律上の用語ではありませんが、農山漁村滞在型余暇活動のための基盤整備の促進に関する法律(通称「余暇法」
又は「農村休暇法」、「グリーン・ツーリズム法」といいますが。以下、「余暇法」といいます。)では、
・主として都市の住民に対して農林漁業に関する作業体験、農林水産物の加工又は調理体験、農山漁村の生活及び文化に触れる体験やその知識を与えるサービス等(農村滞在型余暇活動)を提供できる宿泊施設を、「農林漁業体験民宿業」と定義しています(P2 参照)。
これが、いわゆる「農家民宿」です。

「民宿」と「農林漁業体験民宿業」の違いは?

民宿を開業するには、民宿も営業用の宿ですから、旅館業法の「簡易宿所」や「旅館」の営業許可を受ける必要があります。
とりわけ「簡易宿所」については、客室の延床面積が 33 ㎡以上ないと営業許可を受けられないことになっていますが、農林漁業者が「農林漁業体験民宿業」を営む場合に限り、客室延床面積が 33㎡未満であっても許可を受けられることとされています。
従来は、簡易宿所の緩和が規定されているのは、この法律のみでした。
ただし、平成27年4月1日に旅館業法の規制緩和により、簡易宿所そのものの延べ床面積の規定が緩和されてからは、余暇法の緩和規定はあまり意味をなさなくなったともいわれています。
キーワード 農林漁業者 × 客室33㎡未満
※旅館業法の営業形態
 
農家民宿との比較
 ※玄関帳場と面積の部分が簡易宿所よりも緩和されています。
しかし、この表(厚生労働省資料)を見ると、客室数の制限がありませんから、小規模な宿も可能なのですが、たしかに、よく比較される簡易宿所と比べると、簡易宿所の許可自体が緩和傾向にありますから、ほぼ同じようにも見えます。
また、さらに簡素化された特区民泊と比較すると、特区の方が設備投資が少なくて済むかもしれません。
しかし、農家の家屋の形態からすると、むしろ、個室貸しの旅館と比較する方が合理的もしれません。
小規模な旅館と考えると、33㎡未満で個室貸しが可能となると、利便性が高まる可能性が高くなります。

農家民宿型の特区民泊

特区民泊の要件として、農家体験など事業内容におり込む自治体が出てきています。以下、2つの自治体を紹介します。
要旨:本市では、内陸部の緑豊かな自然や里山など地域資源を有効に活用した滞在型余暇活動の提供を促進し地域経済活動の活性化を図ることを目的として、国家戦略特別区域法の特定事業である外国人滞在施設経営事業(特区民泊)の実施を検討しております。
要旨↓

お問い合わせ・お申込みはこちら

●下記のお問い合わせフォームに入力し送信してください。

(または info@fujino-gyosei.com まで直接メールをお送りください。)

本フォームからお送りください。折り返し担当者からご連絡いたします。

お名前 (必須)

ふりがな

メールアドレス (必須)

電話番号

お問い合わせ内容
簡易宿所やホテル旅館業の許可を取りたい調査してほしい特区民泊の許可が取りたい民泊代行業をやりたい相談したいセミナー・講習会・執筆依頼コンサルティング資金調達・銀行融資の相談図面/申請書作成その他

通信欄 

◇名称:ふじの行政書士事務所
◇代表者:藤野慶和(ふじのよしかず)
◇所在地:〒145-0064 東京都大田区上池台4丁目2番6号レイクヒル長原207号室
◇TEL:03-6885-2595
◇E-mail:info@fujino-gyosei.com
◇営業時間:平日9時30分~18時30分
定休日 土日祝日(※事前予約により応相談、急を要する場合はお電話ください)

※管理組合からのお問い合わせも歓迎です。

 

-ブログ, 旅館業法許可, 民泊
-, , , , ,

執筆者:wpmaster


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

マンションのリノベーションについて(コラム リフォーム編総集編)

マンションのリノベーションについて、不動産専門サイト「スマイスターマガジン」にコラムを掲載していますが、リンクを張っておきます。   リノベーションの鍵は「床」 後編 リノベーションの鍵は「 …

住宅宿泊事業法施行令(仮称)のパブリックコメント締切り間近/日数制限緩和?

住宅宿泊事業法施行令(仮称)のパブリックコメントが募集されています。 パブリックコメントとは、政府や自治体などの公的機関が法令や規則に類するものを制定しようとするときに、広く公に(=パブリック)に、意 …

民泊は旅館業の許可だけではない!

「民泊をやりたいので旅館業法の許可がとりたい」、「旅館業法の許可を取るので、どのような設備を増設すればよいのか?」などというお問合せが多いのですが、民泊は旅館業の許可だけではありません。 詳しく調べら …

二項道路とは?

二項道路とは 現在の建築基準法では、建物を建築する場合、原則として幅員4メートル以上の道路に2メートル以上面していなければなりません(接道義務)。 この要件を満たさないと建築は認められないのですが、事 …

民泊新法→住宅宿泊事業法(仮称)3月通常国会提出へ

2017.2.21現在 住宅宿泊事業法、いわゆる「民泊新法」の全容(法案)が明らかになりました。 全文は、こちら↓ 以下、重要条文を解説します。 住宅宿泊事業法(民泊新法)における用語の定義 第1条  …