Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ブログ

ホテル旅館業と宿泊税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宿泊税と民泊の関係

合法な民泊の形態に多い”簡易宿所”では、従来対象となっていませんでしたが、大阪では、金額要件に該当すれば課税対象となっています。”国家戦略特別区域法に規定する認定事業に係る施設(特区民泊)”における宿泊者については、大阪では同様です。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000477338.pdf

現在のところ、東京では、特区民泊、簡易宿所は対象ではありません。

なお、今後、住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されると、これについても宿泊税の対象とすることで検討が開始されています。

2017.8.24東京都税制調査会松陰会参照https://www.nikkei.com/article/DGXLASFB24HAN_U7A820C1L83000/

 

なお、固定資産税に関する疑問も多いと思いますが、こちらは過去記事をご覧ください。

☞民泊とコストの関係(第1回)固定資産税

 

お問い合わせ・お申込みはこちら

●下記のお問い合わせフォームに入力し送信してください。

(または info@fujino-gyosei.com まで直接メールをお送りください。)

本フォームからお送りください。折り返し担当者からご連絡いたします。

お名前 (必須)

ふりがな

メールアドレス (必須)

電話番号

お問い合わせ内容
簡易宿所やホテル旅館業の許可を取りたい調査してほしい特区民泊の許可が取りたい民泊代行業をやりたい相談したいセミナー・講習会・執筆依頼コンサルティング資金調達・銀行融資の相談図面/申請書作成その他

通信欄 

◇名称:ふじの行政書士事務所
◇代表者:藤野慶和(ふじのよしかず)
◇所在地:〒145-0064 東京都大田区上池台4丁目2番6号レイクヒル長原207号室
◇TEL:03-6885-2595
◇E-mail:info@fujino-gyosei.com
◇営業時間:平日9時30分~18時30分
定休日 土日祝日(※事前予約により応相談、急を要する場合はお電話ください)

※管理組合からのお問い合わせも歓迎です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA