民泊

スポンサーリンク
ブログ

民泊代行業に対する摘発

民泊代行業者への締め付けが増しています。 特に目新しいのは、民泊代行業者の摘発です。近年の旅館業法違反についてふじの行政書士事務所が解説
ブログ

ホテル旅館業と宿泊税

宿泊税とは、ホテル、旅館に宿泊する宿泊客に課税される※法定外目的税で、東京都では、平成14年10月1日から実施されています。宿泊税について、東京都大田区、民泊許可専門ふじの行政書士事務所が解説いたします。
ブログ

住宅宿泊事業法(民泊新法)施行は2018年6月から?

観光庁は「民泊」の営業ルールを定めた住宅宿泊事業法を、来年6月に施行する方針を固めました。民泊新法と旅館業法の最新情報について、大田区行政書士ふじの行政書士事務所が解説
ブログ

階段の規格(ホテル・旅館)

ホテル旅館の階段の規格について東京都大田区ふじの行政書士事務所が解説いたします。意外な違いがありますから、住宅からのコンバージョンはご注意ください。
ブログ

旅館業・民泊と消防法❷  防火管理者と消防計画(前編)

旅館業・民泊と消防法❷  防火管理者、特定防火対象物について特に旅館業法営業許可取得後に重要なポイントを東京都大田区ふじの行政書士事務所が説明します。
ブログ

営業許可業種は旗竿地に注意!

営業許可業種は旗竿地に注意!ホテル旅館、簡易宿所の建設・許可には欠かせない、路地状敷地と窓先空地の解説です。ややマニアックですが民泊ビジネスの用地について、とても重要な知識です。
ブログ

マンションと民泊❹ 国が「マンション標準管理規約」を改正へ 国交省はパプコメを募集

先日、住宅宿泊事業法が成立し、いよいよ2018年から民泊解禁ですが、合法的に民泊をやるマンションが出てくる可能性が顕著になりました。今回は、現在パブリックコメントを募集中のマンション標準管理規約の改正とマンションでの民泊・旅館業について東京都大田区ふじの行政書士事務所が解説します。
ブログ

自動火災報知設備(ホテル旅館業・民泊許可) 旅館業・民泊と消防法❶

民泊、旅館業、ホテルなどの火災報知設備の設置基準について解説します。 営業許可の必要コストともいえる消防設備ですが、一番コストがかかる自動火災報知設備について東京都大田区ふじの行政書士事務所が解説いたします。
ブログ

爆買い終了でどうなる不動産投資と民泊!?

爆買い終了でどうなる不動産投資と民泊!?
ブログ

大阪無許可民泊に判決

大阪ミナミのマンションの無許可民泊訴訟の判決について解説します。無許可民泊に関する民事の判決が出たことにより、今後の民泊営業について、一定の指標となりえると考えられます。今回の判決について、東京都大田区民泊専門ふじの行政書士事務所が解説します。
スポンサーリンク