許可

スポンサーリンク
ブログ

旅館業法施行令改正のポイント(1室からホテルが可能に!?)

 2017年12月(平成29年12月8日成立、12月15日公布)の旅館業法の改正に伴い、旅館業法施行令、旅館業法施行規則が改正され、平成30年1月31日に公布され、また、同時に関係通知が出ています。 今回は、業法施行令の改正に...
ブログ

住宅宿泊管理業者 登録の要件とは? (民泊新法解説1)

住宅宿泊事業法施行要領(ガイドライン)から、特にわかりにくい住宅宿泊管理業者登録の要件について、東京都大田区ふじの行政書士事務所が解説します。
ブログ

住宅宿泊事業法施行令(仮称)のパブリックコメント締切り間近/日数制限緩和?

住宅宿泊事業法施行令(仮称)のパブリックコメントが募集されています。締切間近ですが、日数制限の緩和ともとれる興味深い内容が記載されていますので、東京都大田区民泊・ホテル旅館業許可専門民泊ふじの行政書士事務所が解説いたします。
ブログ

農家民宿とは

農業者が経営する民宿で、農山村での生活・農業体験ができる民宿は農家民宿(最近は農家民泊でしょうか?)といわれています。グリーン・ツーリズム(都市農村交流)への関心が高まる中、農家民宿は今、魅力的な宿として注目されていますが、大田区ふじの行政書士事務所が解説いたします。
ブログ

住宅宿泊事業法(民泊新法)施行は2018年6月から?

観光庁は「民泊」の営業ルールを定めた住宅宿泊事業法を、来年6月に施行する方針を固めました。民泊新法と旅館業法の最新情報について、大田区行政書士ふじの行政書士事務所が解説
ブログ

階段の規格(ホテル・旅館)

ホテル旅館の階段の規格について東京都大田区ふじの行政書士事務所が解説いたします。意外な違いがありますから、住宅からのコンバージョンはご注意ください。
ブログ

旅館業・民泊と消防法❸  防火管理者と消防計画(後編)

旅館業・民泊と消防法❸  防火管理者と消防計画(後編)。特に旅館業法営業許可取得後に重要なポイントを東京都大田区ふじの行政書士事務所が説明します。
ブログ

旅館業・民泊と消防法❷  防火管理者と消防計画(前編)

旅館業・民泊と消防法❷  防火管理者、特定防火対象物について特に旅館業法営業許可取得後に重要なポイントを東京都大田区ふじの行政書士事務所が説明します。
ブログ

特区民泊の”今”と”今後の展望”

住宅宿泊事業法は成立したものの、旅館業法改正は延期となり、再び特区民泊が注目されています。特に日本初の民泊特区である東京都大田区は、施行以来6泊7日を堅持していますが、2泊3日に緩和されるか否か、全国が注目しています。特区民泊の先駆者である東京都大田区ふじの行政書士事務所が"特区民泊の今とこれから"について徹底的に解説します。
ブログ

住宅宿泊事業法成立(徹底解説)

2017年6月9日参議院本会議で民泊の法律である、住宅宿泊事業法が成立しました。 空き家、空き部屋等を住宅を旅行者等に有料で貸し出しする、いわゆる「民泊」についてのルールを定める「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が2017年6月9日参議院...
スポンサーリンク