住宅宿泊事業法

スポンサーリンク
ブログ

水質汚濁防止法と民泊について

住宅宿泊事業法(いわゆる「民泊新法」)が2019年6月15日に施行されスタートしましたが、これに伴い、水質汚濁防止法の届出対象となる場合がありますので、今回は、水質汚濁防止法(昭和45年12月25日法律第138号)について解説いたします。 ...
ブログ

スプリンクラー設備の緩和について

11階建てマンションでの住宅宿泊事業における10階以下の階のスプリンクラー設置の取り扱いについて、前回、消防法施行規則の緩和についてお話ししましたが、今回は、より具体的に解説いたします。 →過去記事はこちら 共同住宅ではスプリンクラ...
ブログ

非常照明の設置基準の緩和解説

非常照明 非常照明とは正式には「非常用照明器具」といい、建築基準法で規定され、宿泊施設などの特殊建築物には、設置が義務付けられています。法律上は建築基準法施行令第126条の4で設置対象建築物、設置個所が規定されていますので、厳密にいうと消防...
ブログ

消防法施行規則等の改正(スプリンクラー・自火報 緩和)パプコメ募集開始 ~2018.4.4まで

現在、消防法施行規則等の改正にあたり、パブリックコメントが募集されています。 以下は改正の要旨と解説です。 消防法施行規則等の一部を改正する省令(案)等について(平成 30年3月 消防庁予防課)要旨と解説 【改正概要】 住宅宿泊...
ブログ

住宅宿泊管理業者 登録の要件とは? (民泊新法解説1)

住宅宿泊事業法施行要領(ガイドライン)から、特にわかりにくい住宅宿泊管理業者登録の要件について、東京都大田区ふじの行政書士事務所が解説します。
ブログ

民泊代行業に対する摘発

民泊代行業者への締め付けが増しています。 特に目新しいのは、民泊代行業者の摘発です。近年の旅館業法違反についてふじの行政書士事務所が解説
ブログ

大田区特区民泊が2泊3日に向け始動!パブリックコメント募集開始!新法は規制の方向?

本日(2017.10.24)から11月6日まで、大田区の"特区民泊の宿泊日数緩和"そして、"民泊信望の運用"に関するパブリックコメントが募集されてますが、パプコメの内容について、東京都大田区ふじの行政書士事務所が解説します。
ブログ

住宅宿泊事業法施行令(仮称)のパブリックコメント締切り間近/日数制限緩和?

住宅宿泊事業法施行令(仮称)のパブリックコメントが募集されています。締切間近ですが、日数制限の緩和ともとれる興味深い内容が記載されていますので、東京都大田区民泊・ホテル旅館業許可専門民泊ふじの行政書士事務所が解説いたします。
ブログ

特区民泊の”今”と”今後の展望”

住宅宿泊事業法は成立したものの、旅館業法改正は延期となり、再び特区民泊が注目されています。特に日本初の民泊特区である東京都大田区は、施行以来6泊7日を堅持していますが、2泊3日に緩和されるか否か、全国が注目しています。特区民泊の先駆者である東京都大田区ふじの行政書士事務所が"特区民泊の今とこれから"について徹底的に解説します。
ブログ

マンションと民泊❹ 国が「マンション標準管理規約」を改正へ 国交省はパプコメを募集

先日、住宅宿泊事業法が成立し、いよいよ2018年から民泊解禁ですが、合法的に民泊をやるマンションが出てくる可能性が顕著になりました。今回は、現在パブリックコメントを募集中のマンション標準管理規約の改正とマンションでの民泊・旅館業について東京都大田区ふじの行政書士事務所が解説します。
スポンサーリンク