Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ブログ

旅館業と接道(東京都建築安全条例との関係)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建物は建築基準法上、2m以上道路に接道している必要がありますが(※建築基準法43条参照)、旅館業は建築基準法上の特殊建築物にあたります。東京都建築安全条例では、建築基準法よりも厳しい規制がありますので、東京都で旅館業を検討される方はご注意ください。

特に延床面積の大きい建築物、共同住宅(マンション、アパート)、店舗、工場、旅館・ホテル等の特殊建築物は、道路に接する長さ(接道長)が、一般の住宅などより長く必要とされます。

こちらの図をご覧ください。

一般的には以下のような基準になっていますので、詳しくは条文をお読みください。

大規模建築物

(東京都建築安全条例第4条)
延べ面積(単位 ㎡)
・1,000を超え、2,000以下 → 接道長6メートル以上
・2,000を超え、3,000以下 → 接道長8メートル以上
・3,000を超えるもの → 接道長10メートル以上

特殊建築物(旅館業、共同住宅、店舗、工場等)

(東京都建築安全条例第10条の3)
特殊建築物の床面積の合計(単位平方メートル)
・500以下のもの → 接道長4メートル以上
・500を超え、1,000以下のもの → 接道長6メートル以上
・1,000を超え、2,000以下のもの → 接道長8メートル以上
・2,000を超えるもの → 接道長さ10メートル以上

※なお、旅館業、車庫や自動車修理工場などの特殊建築物はさらに接道する道路の幅員も別途定められています。また、住宅宿泊自にはこのような制限はありませんので、どうしても民泊という方は、住宅宿泊事業でご検討されてはと思います。

また、「建築基準法上の用途変更の申請はしないのだから条例は関係ないのでは?」と言われる方がありますが、建築安全条例は、現行規定が適応されると考えるのが一般的で、現状不可ならば×と考えていただければと思います。

※上記、路地状敷地(敷地延長)についての規制は、こちらの記事「営業許可業種は旗竿地に注意!」をご覧ください。

以上、旅館業用地を探す場合の参考にしてください。

 

 お問い合わせはこちら

●下記のお問い合わせフォームに入力し送信してください。

(または info@fujino-gyosei.com まで直接メールをお送りください。)

本フォームからお送りください。折り返し担当者からご連絡いたします。

お名前 (必須)

ふりがな

メールアドレス (必須)

電話番号

お問い合わせ内容
簡易宿所やホテル旅館業の許可を取りたい調査してほしい特区民泊の許可が取りたい民泊代行業をやりたい相談したい用途変更セミナー・講習会・執筆依頼コンサルティング資金調達・銀行融資の相談図面/申請書作成その他

ファイル添付


※ファイルは2つまで添付できます。

通信欄 


◇名称:ふじの行政書士事務所
◇代表者:藤野慶和(ふじのよしかず)
◇所在地:〒145-0064 東京都大田区上池台4丁目2番6号レイクヒル長原207号室
◇TEL:03-6885-2595
◇E-mail:info@fujino-gyosei.com
◇営業時間:平日9時30分~18時30分
定休日 土日祝日(※事前予約により応相談、急を要する場合はお電話ください)




コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください