ブログ

スポンサーリンク
ブログ

3階建の木造住宅を旅館業に転用する場合の注意点 建築基準法改正迫る!

3階建ての建物を旅館業に転用する場合の注意点を2019.1.31現在の法令、取り扱いをもとに解説いたします。2018年の建築基準法改正(未施行部分あり)は、今後施行されれば、旅館業(ホテル、旅館、簡易宿所)への転用が可能な木造建築物が増加す...
ブログ

水質汚濁防止法と民泊について

住宅宿泊事業法(いわゆる「民泊新法」)が2019年6月15日に施行されスタートしましたが、これに伴い、水質汚濁防止法の届出対象となる場合がありますので、今回は、水質汚濁防止法(昭和45年12月25日法律第138号)について解説いたします。 ...
ブログ

スプリンクラー設備の緩和について

11階建てマンションでの住宅宿泊事業における10階以下の階のスプリンクラー設置の取り扱いについて、前回、消防法施行規則の緩和についてお話ししましたが、今回は、より具体的に解説いたします。 →過去記事はこちら 共同住宅ではスプリンクラ...
ブログ

東京都 旅館業法施行条例 改正内容まとめ 2018.6.27改正

旅館業法については、法律、施行令の改正(施行2018.6.15)が行われましたが、これに伴い、各自治体の定める条例の改正が行われています。 旅館業法改正のポイント 旅館業法改正のポイントは大きく2つで、 1.旅館・ホテルの統合→1...
ブログ

非常照明の設置基準の緩和解説

非常照明 非常照明とは正式には「非常用照明器具」といい、建築基準法で規定され、宿泊施設などの特殊建築物には、設置が義務付けられています。法律上は建築基準法施行令第126条の4で設置対象建築物、設置個所が規定されていますので、厳密にいうと消防...
ブログ

住宅宿泊事業者の届出事項等の解説 (民泊新法解説3)消防設備

住宅宿泊事業者の届出事項等の解説 (民泊新法解説2)
ブログ

民泊規制緩和まとめ(2018.3.15時点)

2018.6.15住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行については、報道などでも大きく取り上げられていますが、民泊新法以外にも民泊、旅館業に殿宿泊サービスに関連する規制緩和、関係法令の改正が進んでいます。
ブログ

消防法施行規則等の改正(スプリンクラー・自火報 緩和)パプコメ募集開始 ~2018.4.4まで

現在、消防法施行規則等の改正にあたり、パブリックコメントが募集されています。 以下は改正の要旨と解説です。 消防法施行規則等の一部を改正する省令(案)等について(平成 30年3月 消防庁予防課)要旨と解説 【改正概要】 住宅宿泊...
ブログ

住宅宿泊事業法の届出住宅の消防法令上の取扱いを解説

住宅宿泊事業法の民泊宿泊施設である「届出住宅」については、住宅をそのまま転用でき、建築基準法上の取り扱いは、例えば自宅の戸建て住宅を転用した場合に、建築基準法の用途が変更される訳ではなく、住宅をそのまま利用できます(旅館業法上のホテルや簡易...
ブログ

旅館業法施行令改正のポイント(1室からホテルが可能に!?)

 2017年12月(平成29年12月8日成立、12月15日公布)の旅館業法の改正に伴い、旅館業法施行令、旅館業法施行規則が改正され、平成30年1月31日に公布され、また、同時に関係通知が出ています。 今回は、業法施行令の改正に...
スポンサーリンク