農業

スポンサーリンク
ブログ

種苗法改正|検討委員会の内容の解説

種苗法の改正については、「優良品種の持続的な利用を可能とする植物新品種の保護に関する検討会」で議論されていましたが、2019.11.5に検討会としての答申「優良品種の持続的な利用を可能とする植物新品種の保護に関するとりまとめ」が取りまとめられています。
ブログ

農地転用で土地売買が可能に|建築条件付きの農地転用

農地を売買する場合、農家に売却する場合は、農地のままでよいのですが、宅地として売買する場合は、いったん農地を転用し、宅地としてからの売買でないと、建物の建設ができません。また農地は農地のまま売買する場合、農業者にしか売買できないので、これが農地の流通が難しい理由でもあります。
ブログ

新規就農、農業参入の要件|農地法3条(農業委員会)とは?

農地法により、農業への新規参入(新規就農)は、制限されています。2019年現在農家数は激減し、農業従事者の平均年齢は60代後半となっている今、個人経営の農家は減少しています。農地の流通性を高めるため、徐々に規制が緩和されてきましたが、依然として農地法3条の『農業委員会の許可』が最大のハードルとなっています。それでも、農業参入の門戸は平成21年の株式会社参入解禁以降、農地の流通量は拡大しています。
ブログ

農業関係補助金・融資検索ページ

農業に対する補助金は様々なものがありますが、国(農林水産省、独立行政法人)、地方自治体、農協団体など様々なレベルのものがあります。農水省の補助事業は300くらいありますが、経産省、その他の省庁、金融機関などの融資も含めると膨大な補助事業、助成金があります。先ずは、農林水産省の補助金を優先して紹介しますので、農協や政策金融公庫の融資を申し込む前に一度検索されることをお勧めします。
ブログ

種苗法とは?|品種登録制度

種苗法とは、農作物の品種登録に関する法律 1998年5月29日に公布されました。 植物の新たな品種(花や農産物(野菜、果樹)等)の創作をした者は、品種登録することで、植物の新品種を育成する権利(育成者権)を独占的に有することができるようになります。※前身は農産種苗法
ブログ

生産緑地法の改正|2022年問題とは?

生産緑地制度とは 生産緑地制度とは、農業を継続することを条件に、固定資産税・相続税の得点を受けることができる農地です。生産緑地法の制定によって1992年に始まった制度です。 最低30年間は農地・緑地として土地を維持する制約の代...
スポンサーリンク