Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ふじの行政書士事務所

東京都大田区にある在留許可、民泊・旅館業許可、宅建業・建設業許可、内容証明郵便、契約書、CAD図面作成の「ふじの行政書士事務所(東京都行政書士会大田支部所属 藤野慶和」の総合ホームページ

ブログ 旅館業法許可 民泊

階段の規格(ホテル・旅館)

投稿日:2017年9月11日 更新日:

階段の規格が一般の住宅とホテル旅館では若干異なります

階段の寸法については、建物の種類ごとに建築基準法で規定されています。旅館・ホテルの階段の寸法については次のとおりです。

旅館・ホテル 旅館・ホテル

(直上階の居室の床面積の合計が200㎡超)

住宅
階段の幅 75cm以上 120cm以上 75cm以上
踏面の幅 21cm以上 24cm以上 15cm以上
蹴上げの高さ 22cm以下 20cm以下 23cm以下

この3つを図にすると、のようになります。意外と角度の違いがあることに気付くと思いますが、不特定多数の者が出入りするホテル旅館では、共同住宅などに比べて、傾斜が緩やかなのがわかります。

 

参考:建築基準法の階段に係る基準(国土交通省)

お問い合わせ・お申込みはこちら

●下記のお問い合わせフォームに入力し送信してください。

(または info@fujino-gyosei.com まで直接メールをお送りください。)

本フォームからお送りください。折り返し担当者からご連絡いたします。

お名前 (必須)

ふりがな

メールアドレス (必須)

電話番号

お問い合わせ内容
簡易宿所やホテル旅館業の許可を取りたい調査してほしい特区民泊の許可が取りたい民泊代行業をやりたい相談したいセミナー・講習会・執筆依頼コンサルティング資金調達・銀行融資の相談図面/申請書作成その他

通信欄 

◇名称:ふじの行政書士事務所
◇代表者:藤野慶和(ふじのよしかず)
◇所在地:〒145-0064 東京都大田区上池台4丁目2番6号レイクヒル長原207号室
◇TEL:03-6885-2595
◇E-mail:info@fujino-gyosei.com
◇営業時間:平日9時30分~18時30分
定休日 土日祝日(※事前予約により応相談、急を要する場合はお電話ください)

※管理組合からのお問い合わせも歓迎です。

-ブログ, 旅館業法許可, 民泊
-, , , ,

執筆者:wpmaster


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

旅館業・民泊と消防法❷  防火管理者と消防計画(前編)

ホテルや旅館、簡易宿所については、各法令で、大まかには以下のような規制があります。 建築基準法 消防法 旅館業法  目的 建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準 火災の予防、火災又は地震等 …

no image

投資物件はアパートローンだけ?住宅ローンを活用した投資物件!

今回は、投資用ローンと住宅ローンを活用した賃貸併用住宅のお話をしてみたいと思います。 住宅ローンは、文字通り自分で居住するためのローンであり、金利がとても安く、返済期間が長いのが特徴です。対して、アパ …

住宅宿泊事業法(民泊新法)施行は2018年6月から?

住宅宿泊事業法の施行は2018年6月 観光庁は「民泊」の営業ルールを定めた住宅宿泊事業法(民泊新法)を、来年6月に施行する方針を固めました(共同通信ニュース、北海道新聞ニュース08/29 19:43よ …

大田区特区民泊が2泊3日に向け始動!パブリックコメント募集開始!新法は規制の方向?

本日(2017.10.24)から11月6日まで、大田区の”特区民泊の宿泊日数緩和”そして、”民泊信望の運用”に関するパブリックコメントが募集されてます。 …

自動火災報知設備(ホテル旅館業・民泊許可) 旅館業・民泊と消防法❶

自動火災報知設備 自動火災報知設備とは、火災による煙や熱を感知器が早期に自動的に感知して、警報ベルなどで、建物内の人達に火災を知らせる設備です((一社)日本火災報知機工業会HPより)。 つまり、感知器 …